札幌こそ風俗の聖地

 >  > AVをかけながらのデリヘル風俗は最高

AVをかけながらのデリヘル風俗は最高

自宅にデリヘル風俗嬢を呼ぶ時は大音量でAVをかけながらプレイすることにしている。風俗嬢によって反応が異なるから面白いっちゃ面白いよ。露骨に嫌がる嬢の場合は嫌がらせを楽しむ感じになるし、むしろノリノリで応えてくれるって嬢の場合はプレイのエッセンスになるしね。俺はどっちのパターンも好きだな。嫌がられても別にルール違反なことをしているわけじゃないから嬢も拒絶は出来ないし、なんだかんだで俺の家なわけなんだからね。盛り上がってくれる嬢だったらどこまでもエロエロで楽しめばいいしね。ちなみにリビングで四つん這いにさせてAVを見せながら同じ体位でバックから指で攻めるなんて最高だよ。真にエロい子は本当に興奮してくれるし、そういうのってプレイしているとよく伝わってくる。「男は女の演技を見抜くことは出来ない」とか思っている子も多いけど、俺は女の演技は割と見抜ける方だと思う。一番はやっぱりアソコの締まり具合だよね。2本指を挿入した時の締め付けなんかでちゃんと分かっちゃうんだよね。

すけべ椅子のトリコになった

女の子をリザーブして、時間を指定して、ホテルに先入りです。だいたいの地区やホテル名がわかればスタッフに言っておきます。そうするとデリヘル嬢もできるだけその時間に近くまでいくようにするのです。ここに待ち時間を少なくする工夫を感じました。こちらにも女の子にとっても時間のロスはもったいないですからね。ただ渋滞をしていたらしくて、受付けで告げられた時間というかこっちが指定した時間よりは20分ほど遅れて到着です。まあ、最初に受付けで道路状況で15分くらいは遅れることもあると言われていたので許せる範囲内です。デリヘル嬢は数々のエロエロテクニックを駆使するとネットのホームページに記載されていましたが、まあエロエロテクは別にして、ほぼホームページの画像通りの女の子でした。そしてスケベ椅子はデリヘルではかなり珍しくて、これがすごくよかったです。女の子は椅子を持ち運ぶのは大変でしょうけど、私はこのすけべ椅子のトリコになりましたよ。

[ 2015-01-22 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ